Home > 製品・ソリューション > 歯科向けソリューション

歯科向けソリューション

ポータスでは歯科用ソフトウェア等を通して、分かりやすく快適な診療環境をご提供いたしております。

歯科用患者コミュニケーションシステム 〜 ビジュアルマックス






患者さんが求めているのは信頼と安心。

一度来院された患者さんが、
『今度は予防のために継続通院したいと思う』
そんな歯科医院を応援したい

コミュニケーションに有効!!
電子カルテとの連携で患者さんご自身はもちろんのこと、そのご家族の自費履歴も自動抽出します。診療への導入基礎資料としてご活用いただけます。

スタッフは口腔内カウンセラー!!
保険診療・自費診療の絵や写真による比較サンプルの利用で、患者さんの診療に対する理解を深めます。蓄積された画像情報は、すべて説明用のサンプルとしての利用が可能です。

情報の簡単ファイリング
デジタルカメラも口腔内CCDカメラも、撮影した画像を簡単操作でファイリングします。撮影から患者さんに説明するまでの作業は非常に簡単です。

患者さんへ安心感を
かかりつけ歯科医初診料算定文書の作成から、保険・自費の治療計画見積書や治療経過説明書まで簡単に作成できます。

メディア株式会社
http://www.media-inc.co.jp/


歯科用電子カルテシステム

One to One
「正しいカルテ」を徹底的に追及し
マネジメントの基本としてのカルテの充実を

歯科医院と患者さんの新たなコミュニケーションネットワークを。
そして、来るべき次の時代を見据えた新しい歯科医院経営のグランドデザインを。

総合受付
受付業務の基本となる総合受付画面です。
「待合室」「診療室」「会計待」の3つの欄で構成されています。治療の流れに沿って患者さんと同じようにカルテのデータも移動し、「待合室」→「診療室」→「会計待」と流れていきます。

患者登録
郵便番号地名変換、町名を一字でも入力すれば医院の近隣または全国のその字を含む地名が表示され、同時に郵便番号も表示する機能など、入力の手間を省く工夫が満載です。
新しく来院された患者さんの電話番号を入力した時点で家族の方が既に来院されていれば自動的に検索し、登録内容を表示します。保険証などのデータも一緒にコピーして登録しますので、一瞬にしてカルテの頭書き入力が終了します。

会計
各種領収書、処方箋、お知らせ用紙をスピーディに発行。ドクターが診療室で入力した「投薬内容」「予約内容」「連絡事項」などは、この画面にも自動的に表示されます。
例えばドクターから患者さんに話した注意事項と同じ内容を受付スタッフからも伝えることで、医院の全員が一体となった患者さんへのケア体制を実現できます。

予約
予約の入力は、受付・診療室のどちらからでも予約全体の状況が一目でわかります。予約の登録、変更・取り消しはいとも簡単。患者さんの診療内容や治療部位の確認もすぐにできます。月・週・日単位での予約状況を表示。チェア別、ドクター・歯科衛生士別予約管理。ドクター・歯科衛生士別の個人予定管理。一般・矯正・小児等の科別管理。
充実したリコール機能。また患者管理システムとの連携で、医院独自のリコール設定が可能です。

レセプト
レセプトチェック、レセプト出力はとってもスムーズ&スピーディ。月末のチェックはほとんど不要。単票用紙、編綴順出力で作業効率は大幅アップ。レーザプリンタで1時間1000枚以上を出力。摘要欄には必要事項を自動印字。
ワープロ感覚の書きこみも簡単にできます。総括表は指定用紙にダイレクト印字ができます。

メディア株式会社
http://www.media-inc.co.jp/


カルテエポック

カルテ記載のシステムナビゲーター
個別指導や患者さんへの開示を考えたカルテ作成をご支援します

カルテエポック

オーダーメイドのシステムマスタ
使いやすいシステムへと命を吹き込みます
診療パターン、治療方針、始動管理の内容や症状など、よりよいカルテがスムーズに作成できるように、経験を積んだ弊社担当者が十分なヒアリングを行い、1件1件オーダーメイドでクリニック固有のシステムマスタを作成・メンテナンスします。

カルテエポック

オートナビゲーション入力
特別な保険知識を必要としません
カルテエポックのデータ入力は、特別な保険知識を持たないスタッフにも簡単に入力できます。前回の治療内容から、本日の処置候補をパターン化して自動表示。治療の流れが分からなくても、算定可能な項目をシステムがナビゲーションしてくれます。

カルテエポック

正しいカルテ記載を支援
保険請求の根拠を正確に保存します
正しいカルテの作成支援できる「カルテエポック」。「指導に耐えられるカルテ」「患者さんへの開示に対応できるカルテ」の為に必要な記載事項をナビゲーションします。正しいカルテの書けるシステムを使えば算定もれを防ぎ、それは結果的に保険請求の増点につながります。

保険矯正にも対応
複雑な算定項目にも対応しています
保険矯正を検討検証した日本矯正歯科学会医療問題委員会編「矯正歯科保険診療マニュアル」の内容が搭載されています。「矯正装置」の選択からスタートする入力形式を採用し、矯正治療独自の流れを損なうことなく、保険解釈に則ったカルテの入力が可能です。また、算定時に必要な情報提供文書の作成や矯正用別紙レセプト出力にも対応しています。


株式会社デンタルネットワーク&アプリケーションズ
http://www.dna-site.com/